【写真】最後の勇姿となった、2015年7月9日サンフランシスコ「Simple Pleasures Cafe」での模様。

 【メンバー脱退のお知らせ】

 

10年以上の長きに渡り「モモナシ第三のメンバー」として華麗な舞を披露してきた、狐ショーの狐こと

「狐家 喜常音(キツネヤ キツネ)」が、先日のアメリカ・コスタリカツアー初日のサンフランシスコ公演を最後に、脱退していたことを発表致します。

 

ツアー中の脱退であったこともあり、発表が事後報告になってしまったことを、深くお詫び申し上げます。尚、日本での脱退公演は、12月18日(金)原宿アストロホールを予定しています。

 

 

【狐よりコメント】

 

モモナシの狐ショーにてご声援、歓喜、爆笑、絶叫いただいております狐です。踊ることが大好きで、ひょんな事からモモナシと出会い、更にはメンバーとなり、色んなところにモモナシの二人と出掛け、沢山の出会いをいただいてきました。そんな中、先日のアメリカ&コスタリカへの海外ツアーの初日、サンフランシスコ公演を終えた時、私は決めました。

 

脱退します!

 

私が舞わなくても、モモナシの音楽はもう既に伝わっている、何故か異国の地にてそう強烈に感じたのです。そしてその旨を二人に伝え、そのまま実家に帰らせていただきました。実家から眺めるモモナシ海外ツアーはその後も快進撃を続けておりました。これからは家業の手伝いをしながら、地元の祭りや、皆様の記憶の中で踊り狂いたいと思います。

 

皆様に囲まれての日々、これまでのご愛顧に感謝いたします。これからもモモナシはどんどん深みを増し、皆様に最高のステージをお届けすることとなるでしょう。私も一ファンとして彼等の活躍を見届けたいと思います。今まで長い間、本当にありがとうございました!

 

最後に狐からのお願い♪ 今後ともモモナシをどうぞよろしくお願いいたします。

コンココーン!(またいつの日か!)

 

狐ショーの狐こと

狐家 喜常音(キツネヤ キツネ)

 

 

【メンバーよりコメント】

 

狐ちゃんが脱退?!

まさか海外ツアー初日終了後に実家に帰ってしまうことになるとは思ってもいませんでした。色々考えていたんだなぁ。。。。

狐ちゃんはなかなかの高飛車狐で登場当初はJIGEN君に「あなたのソロにはドラマが無い」等の暴言を吐き、ヒヤヒヤする場面も、またいつもリハや打ち上げには参加せず、狐ショーの時だけふらっと現れる徹底ぶり、実家って何処よ?!家業って何よ?!という思いも満載ですが、モモナシのステージに笑いと涙とスペクタクルを添え続けてくれた狐ちゃんの意思を私は受け入れることにしました。

居るとヒヤヒヤ、居ないと何か淋しい、でもこの決断を含めて、最後まで背中を押してくれる、彼女は最高のメンバーだと誇りに思います。狐ちゃん、今まで本当にありがとう!

そして心よりお疲れさまでした。

 

(上村美保子)

 

 

元々は私の我儘から始まった話です。ベースソロのコーナーを頑なに拒否し、「踊りの伴奏ならやる」と言って引きずりこんだ狐様。演奏中に清めの塩を投げつけられ、目潰し状態で演奏したことが、まるで昨日のことのように思い出されます。中でも特に印象的な思い出は、フランス公演で観客を熱狂の渦に巻き込んだこと、そして、数え切れないほどの被災地訪問演奏で「子供が泣き、大人が笑う」幸せなひと時を生み出してきたこと。狐様の脱退後、例のコーナーは未だに「狐ショー」と呼ばれ、私のソロコーナーとなりました。そう、十数年の時を経て、私の方が狐から卒業したのかもしれません。今まで本当にありがとう。脱退という名の出発を、どうかあたたかく見守って下さい。

 

p.s.

初めて正式なお名前を知りました。。。

 

(JIGEN)

 

 

© 2019 by Peach Pear Records Japan / Kamiu Music Office

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic
  • 2025[1].png
  • Instagram App Icon